<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水素水のネットワークビジネス、失敗の穴に落ちないためにここだけは押さえておこう! | main | ネットワークビジネスのセルフ、製品が某社のヤツと瓜二つ! >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    金持ち父さん貧乏父さん、あらすじに隠された幻の方法って?

    0
       
       
      ロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さんという本、いまだに根強い
      人気がありますが、いったいどういうあらすじなのでしょう?
       
      金持ち父さん貧乏父さんあらすじは、実は結構かんたんです。
       
      貧乏人はお金のために働く。
      でも、金持ちはお金に働いてもらう。
       
       
       
      貧乏人はお金のために働くので、お金と引き換えに時間を失って
      行きます。
       

      一方、金持ちはお金に働かせます。
       
      分かりやすく言えば投資ですね。
       
      金持ち父さん貧乏父さんの作者は、本のあらすじで、それを不動産投資
      で実現します。
       

      不動産収入はいわゆる家賃です。
       
      働かなくても、収入が入って来ます。
       

      金持ち父さん貧乏父さんあらすじでは、お金を貯めて、こういった
      投資に回し、少しずつ不労所得を作っていくよう勧めています。
       
       
       
      とはいえ、不動産投資は今は、あまりいい方法ではありません。
       
      ロバートキヨサキ自身、2007年暮れに開催したセミナーで
      「不動産投資の時代は終わった」
      と話していたそうです。
       

      しかし、そうだとすると、今は何をすればいいのでしょう。
       

      金持ち父さん貧乏父さんのシリーズをいろいろ読んでいる人なら、
      お分かりかと思いますが、新しいビジネスとして勧めているのが、
      ネットワークビジネスです。
       

      とはいえ、金持ち父さん貧乏父さんでいくら勧められても、
      「こればっかりは...」と思う人が大半でしょう。
       
      それもそうです。
       

      ネットワークビジネスと言えば、友人を勧誘して行くシステムです。
       
      しかも、人によっては、
      「ネズミ講まがいの怪しい商売」
      というイメージを持っていたりします。
       

      下手をすると、周りの友人を全て失ってしまう可能性すらあります。
       

      かと言って、不動産もすぐには始めら例ないし、タイミングが悪い。
      起業しようにも、アイデアがない...
       

      結果としてネットワークビジネスしか残らないけど、これだって...
       
      と、いろいろ考えて、何も出来ないパターンが多いのではないでしょうか?
       

      ただ、ネットワークビジネスは、何も友人を誘うしか方法がないわけ
      ではありません。
       

      実は、友人を勧誘せず、全くの赤の他人を勧誘する方法もあります。
       

      インターネットを使うのですが、まずは、このメールセミナーを
      受けてみてください。
        ↓
      友人は勧誘するな!常識を覆すネットワークビジネスノウハウ!
       

      このメールセミナーで、友達に誰一人声をかけることなく、
      ネットワークビジネスをして、、自分でも驚くほどの収入を手に
      している人がどんどん生まれています。
       

       
      HT * 金持ち父さん貧乏父さん あらすじ * 00:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 00:03 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ