<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    金持ち父さん読んで、ネットワークビジネス以外で権利収入を手にするには...

    0
       ネットワークビジネス、友達全員に断られたらここを見て!


      ロバートキヨサキが書いた、金持ち父さん貧乏父さんなんか
      を読んで、権利収入なるものに興味を持ち、「お金と時間の
      自由」に興味を持った方は、一度くらいはネットワークビジネス
      について考えてみるのではないでしょうか?

      確かに、ネットワークビジネスの収入は家賃収入や、株式の
      配当と同じで、働かなくても収入が得られる権利収入ですよね。

      起業するアイデアはない、不動産に投資する資金もない、
      そういった状況の人にしてみれば、資金もアイデアも必要ない、
      サインひとつではじめられるネットワークビジネスというの
      は、権利収入を手にする最後の手段と
      いってもいいでしょう。

      しかし、金持ち父さんを読んでその気になったとしても、
      なかなかネットワークビジネスを始める人はいません。

      迷っているうちに、ずるずる時間だけがたってしまって、
      金持ち父さんを読んだ時の衝撃を忘れてしまって、そのまま
      今までの生活に流されて行く...

      そんなパターンで権利収入をあきらめてしまう人が多いの
      ではないでしょうか?

      ではなぜ、みんなネットワークビジネスをためらうのでしょう?

      おそらく、ネットワークビジネスのビジネスのやり方、すなわち
      友達や親戚を誘わなけれはいけない、という部分でしょう。

      確かに、友達をネットワークビジネスに誘ったとして、
      ネットワークビジネス?誘われるの待っていたんだ!
      やる!やる!」
      なんて人はまず、いません。

      むしろ
      「あいつなんだかヘンなこと始めたぞ」
      と噂されて、あっという間に周りに広まってしまうのがオチ
      でしょう。

      「成功するまで続ければ、必ず成功する」

      と言いますが、誘う友達がいなくなってしまったら、どう
      しようもありません。

      後は、周りの人が、勧誘されるのを恐れて、距離をおかれて
      しまい、前より寂しくなってしまった自分自身が残される
      だけです。

      そう考えると、とてもネットワークビジネスに手を出す気に
      はなれませんよね。

      しかし、ネットワークビジネスのネックは
      「友達や親戚を誘わなければ成立しない」
      というところにあるのであって、その部分を取り除いてやれば、
      何の問題もないわけです。

      「え?でも、友達を誘わなければネットワークビジネスでき
      ないじゃないか」

      そう思う人もいるかもしれません。

      しかし、今はインターネットがあります。

      インターネットを使って友達を誘うどころか、全く気づかれ
      ないで権利収入の道を構築できる。

      そんな方法もあるのです↓
      友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル!
      HT * 金持ち父さんとネットワークビジネス * 20:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      友達が誘えない人のネットワークビジネス必勝法とは?

      0
        人脈ゼロから○○を使って稼ぐネットワークビジネス

        よく、ネットワークビジネスを肯定的にとらえている人達の
        ホームページで、ネットワークビジネス必勝法なんかに
        ついて意見が書かれています。

        そしてその必勝法とは、いろいろあっても結局はひとつの
        意見に落ち着きます。

        それはすなわち
        成功するまでやめないこと」
        というものです。

        確かにネットワークビジネスには特別な才能は必要ありません。

        粘り強く、コツコツと続いて行けば、必ず成功にたどり着く
        でしょう。

        しかし、ここに重要な見落としがあります。

        確かに成功するまでやめなければ、いつかは成功するでしょう。

        しかし問題はその「いつか」が具体的に何年後かということ
        です。

        人間にはそれぞれタイプがあります。

        豊富な人脈と、卓越したコミュニケーション能力、そして
        説得力があれば短期間での成功が可能でしょう。

        しかし、そういったものを持っていなかったら、必勝法を胸
        に刻み努力したとしてもかなり時間がかかるでしょう。

        ヘタしたら成功はしたけれど、ネットワークビジネスを始めて
        三十年後だった、ということだって十分ありえます。

        成功するまでやめないという必勝法は真実ではありますが、
        それより先に自分に合った方法をみつけないと、何年も遠回り
        してしまうことになります。

        もし、あなたがコミュニケーションに自身がなく、友人を誘う
        のも難しいとしたら...

        それなら、それに合った方法を選んでみましょう。

        そしてそれを見つけたら、必勝法の出番です!

        成功するまでやめない!

        友達を誘うな!インターネットのネットワークビジネス集客術とは?
        HT * 金持ち父さんとネットワークビジネス * 02:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        ロバートキヨサキの本に隠されたネットワークビジネスのカラクリとは?

        0
           3年度に1000万の不労所得を得たいあなたへ!

          金持ち父さん貧乏父さんの著者である、ロバートキヨサキ
          その著作の中でネットワークビジネスを勧めています。

          実際、ロバートキヨサキの代表作である金持ち父さんシリーズ
          は、「マルチの教科書」とも言われネットワークビジネス
          勧誘によく使われています。

          確かに、本の内容を読むと権利収入を得て、お金と時間の自由
          を獲得することを勧めており、この本を読んだ人なら、一度
          くらいはネットワークビジネスを始めてみようか?と考えて
          みたことはあるのではないでしょうか。

          とはいえ、これは私の勝手な想像ではあるのですが、この
          金持ち父さんシリーズのロバートキヨサキは、特に最近の本
          では、ネットワークビジネスに対してある種のカラクリを
          仕掛けているような気がします。

          本当に金持ち父さんになる最善の方法がネットワークビジネス
          だと、ロバートキヨサキは思っているのでしょうか?

          まずはロバートキヨサキが名前を一気に知られるきっかけと
          なったシリーズ最初の金持ち父さん貧乏父さんです。

          この本にはネットワークビジネスの事は書いていません。
          この本を読んだら、殆どの人が株を始めようとするでしょう。

          では、2冊めの金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント
          はどうでしょう?

          ここで始めてネットワークビジネスが出て来ます。

          そしてその後は新しい本がでる度にネットワークビジネス
          勧めており、株には否定的なスタンスを取っています。

          しかし、シリーズ最初の本では、
          「ほんのちょっとだけでも株を買ってみよう」
          と株の購入を勧めているのです。

          この変化はどこから来たのでしょうか?

          実は最初の本である金持ち父さん貧乏父さんが出た時に、
          その本が、ロバートキヨサキが考えてもいなかった使い方を
          されました。

          それがネットワークビジネスの勧誘です。

          確かに今の生活に疑問を持たせ、別の人生もあるのでは?と
          思わせるのに、金持ち父さんは最適ですよね(笑)

          こからは私の推測ですが、その後の本の内容を見るにつけ、
          ほぼ私の推測は当たっているのでは、と考えています。

          ネットワークビジネス勧誘、という考えてもいなかった
          方法で本が利用され始めたロバートキヨサキですが、すぐに
          対応を始めました。

          それは新しく書く本の中にどんどんネットワークビジネス
          事を書く事です。

          それも否定的な内容ではなく、肯定的な内容で、
          ラットレースを抜け出すには、ネットワークビジネス
          一番!」
          といった内容でネットワークビジネスを強力推薦しています。

          そうするとますますネットワークビジネスの勧誘のツールと
          してロバートキヨサキの本は使われ始めました。

          結果として本はバンバン売れます(笑)

          勧誘のツールなので、ネットワークビジネス関係者は、一人
          で何冊も買います。

          なので金持ち父さんシリーズは新しい本がでる度に、ベストセラー
          になります。

          勧誘に使うディストリビューターにとってもこれほどありがたい
          ことはありません。

          なにしろ、ネットワークビジネスを勧めている本といえば、
          マイナーな本ばかりでした。
          よほどの大型書店に行かないと、ネットワークビジネス関係
          の本は置いていません。

          それが、どんな小さな本屋でも店頭に平積みしているほどの
          大ベストセラーでネットワークビジネスを推薦しているのです。

          かくしてロバートキヨサキは本の中でネットワークビジネス
          をプッシュする、ビジネス関係者は本を買って勧誘に使う、
          という相互補助の関係が出来上がりました。

          ロバートキヨサキは最近の著作では、株を
          「自分の資産を他人にコントロールさせる」
          といって否定しています。

          シリーズ最初の本では、
          「株を買ってない人は今からでも、ちょっとだけ買ってみよう」
          と勧めているのに...

          やはりネットワークビジネスとの相互補助を考えているので
          しょう。

          もちろん、ネットワークビジネス金持ち父さんになる有効
          な手段ではあります。

          ロバートキヨサキが基準にしているアメリカと日本では、
          ネットワークビジネスの考え方がちょっと違う事は知って
          おくべきでしょう。

          友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル!
          HT * 金持ち父さんとネットワークビジネス * 23:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
          このページの先頭へ